理想の自分って何?達成するためには絶対にトレードオフが発生する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

だいぶご無沙汰の個人ブログ。なんだかんだ立ち上げてから4年?がたってるのかな。

そしてこのタイミングで2015年初エントリっていう。
このブログ見てくれてる人ならご存知だと思いますが、今は「Ferret」っていうサービスやってます。

で、今回は弊社が若手中途社員向けにやってる研修の話をしようかと思います。一応僕も今年で29歳になるってことで若手に分類されてます。

■理想の自分”マンダラチャート”

これです。ここの説明に関しては、以前BLOGHOMMEで書いたのでこちらをご覧ください。

簡単にいうと、自分のなりたい理想を考えた上で、各要素がどうなるかを出し尽くすってこと。ここで重要なのは書くことだけじゃなくて、それぞれどんな因果関係があるのかを知る事が重要です。

で今回は僕の発表だったわけです。持ち時間は10分。これまでにみんなが発表してきて今日が最終日で最後の発表。
昨日からいろいろ考えて、急遽朝数分でちょっとしたスライド作ってこれまでとは違う発表しようって決めました。

 

■では発表

単純にどっちがいいかって話ですね。挑戦して成功すれば100万円もらえるけどしなかったら0円。挑戦しないこと決めたら10万円。

これはなんのことやらって話ですね。
今回発表する際にそれぞれマンダラチャートの要素の中で最も重要な3つをあげたんですね。そこを徹底的にやるために、他の5要素の3つはまったくできなくてもよいか?という質問です。
たとえば、プライベートなんてない、健康にも気をつけれない。極端な例としてあげています。

これはひとそれぞれでした。

 

 

ここで言いたいことは何かっていうと、

ちょっと極端だけど、やっぱり何かを得るときっていうのは何かを犠牲にする必要がある。つまりトーレドオフ

それがなんなのかってことを、理解できてる人とできてない人・もっといえばそれを実行している人とそうでない人だとこれから数年で大きな違いがでてくると思う。

もちろん、理想がなくたっていいんです。ないなら会社の目標を自分の目標にするとか、仲間の目標をかなえるために必死こくってことで、自然と自分も目標もきまってくるんじゃないかなって。

どれだけ挑戦したかってすごく大事で、何かを極めるなら挑戦し続けなきゃいけないし、だめなら諦めるって判断を第三者目線することが大事。自分がつくったものをかわいいとおもっちゃいけないってことですね。

 

で、これが僕のマンダラチャート。

まずは真ん中の理想だけど、「時代を先読みし続けられるマーケター」。

エジソン、アポロ兄弟、ジョブス、孫正義って聞くとどうイメージしますか?

僕はね、マーケターだと思う。時代をわかっていてその上で何を作る事ことで、どういった人の課題を解決できるかってことをわかってるんだなって。
そんな人でいたい。

 

■重要な3要素

1.仕事
これが全ての中心。ただまだまだ、ここに書いてある理想にはなれていないので、一番重要なのは知識と経験。知識をえるためには何がってやっぱり学習。

2.学習
今メインな学習は、マーケティングだけまわりがかなり多い。具体的に本を読む目標は社会人になってから毎年たてていてそれ以上を読んでる。
去年ぐらいからはメディア社会学や哲学を学ぶようになってきた。やっぱり人の思想とか心理とかの頂点はここなのかなーって思ってます。言葉じゃ説明できないこともあるわけなので。哲学はまだまだこれから。

3.経済
けっこう不思議だったのは、他のメンバーの重要な3つにこれが入ってなかったってこと。そうじゃないと思うんだけど、ほんとにお金いらないのかなーって。あったことに越したことはないわけだし、まだまだ使える要素があるのに満足とは決めたくないなって。

ぶっちゃけお金は大事(決して金金って人間じゃないけどwなりたい自分になるために現状じゃだめってこと)。認められるってことおでお金っててふえていく訳だし、まだまだほしいものを買うのにお金たりないし。

なりたい自分があるのに、お金なんかに邪魔されたくないっていうのが素直なところ。

 

仕事の立ち位置として人格も必要だけど、ここをめっちゃ極めたいってフェーズではないかなって思ってる。もちろん書いてることはやるわけだし。

あと他の項目もそれぞれ大事ですよ、もちろん。それでも今はなくていいかな。時間みつけてやるし。僕の今一番のトレードオフは睡眠。寝たいし、眠いし。でも1日3時間。昼寝はしたいときに10分程度する。

 

いろいろな本とか成功者の言葉を書くと、

「人間も動物。寝たいときにねればまとめた睡眠は2時間でいい。まとめて8時間も寝るの人間だけ」

ナポレオンは寝たいときに寝てたらしい。そして黒柳徹子もそうみたいだし。

 

■まとめ

こんなかんじ。

今回の発表通せて感じたことは、自分がどうこうっていうよりは同じ年代の人がどんなことを考えてるのかを知れた事。
自分のことは、このへんはこれまでもやってきてたし、特にめっちゃ新しい何かっていうのはなかった。ただ、こういう軸でやったことはなかったので、点と点が線でつながったってことはあったのでよかったかな。

マンダラチャートって理想と現実のギャップを埋めるとか、知るとかってことなんだけど。やっぱり重要なのはやり続けること・見直すこと。一回やって終わりなんてもったないわけで。

別にマンダラチャートじゃなくてキャリアプランでもいいわけだし。

自分が何かを極めたいときとか、やるって決めたときには、絶対に何かを犠牲にすることになる。そのトレードオフがあってもやりたいのかそうでないのか。そうでないなら、それはまだ理想ではないのかなって思う。

そこを知る知らないって、やるべきことだなーって改めて感じた。