僕の想い。「ウェブマーケティング大衆化」にむけ、マーケティング総合サイト Ferret(フェレット) をオープン!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

先週のことですが、ベーシックのWebマーケティング事業部より、Webマーケティング総合サイト「Ferret(フェレット)」をオープンしました!

ベーシックに入社したのが4カ月。やっとスタートラインに立てました。
われわれの最終的な目標は、ウェブマーケティングの大衆化です。

具体的にどんなサービスでどんな想いで作ったのかをつらつら書いていきます。

 ▼マーケティング総合サイト Ferret(フェレット)リリースの想いや背景

そもそも、Fereetとは24万人以上 を会員にかこっていた「キーワードアドバイスツール」「SEOスカウター」などのツールを提供するサイト『Ferret PLUS(フェレットプラス)』です。
これまで、多くの方にツールを利用して頂けていました。

ただ、時代は変化しています。

今の世の中は、メディアの多様化やスマートフォンやタブレットの普及によりユーザーをとりまく環境が変化しています。
ただでさえ、企業のWeb担当者はいろいろ考えているのに、こういったことでほんとにてんやわんやになっているの現状です。

上のを例にしても、スマートフォンがめちゃめちゃ普及しているのを知っているのに、多くの企業のWebサイトはスマートフォン対応されていません。

つまり、「ユーザーのスマートフォン活用の理解ができていないことや、スマートフォン対応させるメリットがわかってないといない。もしくは対応させなきゃいけないけどどうすればいいかわからない… 」
わからないことがわからないといったWeb担当者が多いことが問題であり、そこを解決することを重要だと考えています。 

日本国内において99.7%を占める中小企業の経営者やWeb担当者にとって、求められる知識を全て学ぶことができ、実行までをしっかりイメージできるようなサイトを目指してきます。

 

いまもWebマーケティングに関してわかりやすく説明している記事はあります。ただ、専門的なことを説明していたり、いろいろなサイトを見る必要があります。

中小企業の方々は他にも仕事があるわけで、Webだけに時間をさくことはできません。Ferretを訪れればこういった方の問題を全て解決できることをミッションに掲げています。

これを実現することができれば、僕は世の中はぐんとよくなると思っています。

なぜなら、Webの世界では、情報もとめる消費者と情報を発信する企業の間にミスマッチが生じています。

地方でほんとうにいいものを提供している職人やネットショップが正しい知識を身につけ、自分たちのことを正しく発信することができれば、そこを求めている消費者としっかり出会うことができます。
なのに、今はお金をかけている企業やプロモーションをしっかりしている企業との出会いが優先されています。

Webの世界が、求めているものとしっかり出会える ようになったらどんなにすばらしいことなんだろか。

 

▼100点じゃなくて70点で十分

Webマーケティングの知識を100点にする必要なんてありません。そもそも僕もそんな域に達してないですし。

全ての人が70点でいいからできるようになればいいんです。
考えてみてください。みんなが70点わかるようになれば、自社のターゲットが検索や出会いたいと思ったところにしっかりと情報を出すことができるようになるわけです。
これは企業と消費者にとって素敵な出会いになるわけです。

Web担当者が70点をとれるようにするためにも、Ferretではどんなユーザーでもしっかり理解できる記事にすることを心がけています。

難しい言葉・専門的な言葉は使わない。
イメージできるように事例にする。
そもそもベースになっているカリキュラム記事では各プロセスの1-10が全てわかるように体系立てている。 
辞書コンテンツでは、どんな辞書コンテンツよりもわかりやすいようにしている。
etc …

 

 ▼最後に

実際、「ウェブマーケティングの大衆化」を実現するのはめちゃくちゃ難しいと思ってます。
地道に記事を更新することも大事だし、一気にばずらせることも難しいだろうし。

でも、できないことじゃないかなって。
一人でも多くの人にFerretを知って頂き、わからないことが簡単にわかって、実行までしっかりイメージできるサイトにしていこうと思います。

今後も随時機能をアップデートしていきます。年内にはどこに住んでいてもWebに精通した講師が登壇するセミナーの動画が閲覧できるようにする予定です。

Ferretに対して、ご意見ご要望などあればどしどしご連絡頂ければと思います。

ちなみに、THE BRIDGEに取材して頂きました!ありがとうございます。